2013年09月11日

上手な治療選び!スグ効くより後から効く治し方を選ぶ2

この夏、あなたの地域はどうでしたか。
昨年の夏も暑かったが、今年の福岡市はそれ以上で
毎日35℃以上の日が休みなく1ヶ月続きました。

仕事先のヨガ教室のホットヨガ(40℃くらいの中で行うヨガ)の
お客様には関係ないだろうと思って聞くと、
『やっぱり外は暑いです。』とおっしゃる。

その場所は、九州一の繁華街天神地区にあるので、
ヒートアイランド現象でサウナ以上だったかもしれません。

こう暑いと、昨年夏に書いた
金魚等怪しいものを食べさせられそうになった
涼しさ一番のスーパーSに行くしかない。

昨年のおつりの10円とか50円とかをネコババする
レジ打ちの人は新人でした。

その日は別の人で、ベテランのレジ打ちの人でした。
ベテランともなると手慣れたものなので、
安心して100円程の商品をレジに持っていき1000円札を渡すと、
『100円ですね。』と言って、そのまま総取りしようとするではないか!

1日1回、900円ネコババすれば、
30日働いたとして27,000円の利益になるではないか。

「いくら何でもひどすぎるう~」とつい私は言ったのだが、
そのレジ打ちはベテランだけに手慣れたものだ。
笑ってごまかすのだった。

スーパーでのこのスリルと涼しさは福岡市一で、
あの「お化け屋敷」に匹敵する夏の風物詩である。

 2012.8.30掲載ブログ「スーパーでの買い物行動とリウマチ膠原病」参照


<リウマチ膠原病によい治療法選びは体質にあわせて>

さて、、知り合いの薬局の薬剤師さんが最近言っていたことを
ご紹介します。

  「近頃のお客様は、結果をスグ求めたがります。
   健康食品を1ヶ月も経たないうちに、効き目がないとやめて
   しまう人がいます。
   何でも3ヶ月は続けないと人の体質は変わりません。
   3ヶ月続けてもらえば効くのに、その前にやめられるのは、
   せっかくよい健康食品をお勧めしているものとして
   残念でなりません。」

ちなみに、どこの薬局の先生もおっしゃるのが、水虫薬です。

  「水虫薬を使用し、症状が治ってもしばらく続けてもらうと
   後から出なくなるのに、続けない。」
と、よくおっしゃいます。

以上のように、
  あなた(患者側)の思っているリウマチ膠原病の世界と
  現実のリウマチ膠原病の本質と体質が違うために
  治し方が的外れになっている場合があることを
伝えたいのです。

リウマチ膠原病が〇〇で治ったとか、
リウマチ膠原病に△△がよく効くという話は、
ネットや世間に氾濫しているので、
このブログはそのギャップを埋めることを重視しています。

当サポートで、治し方以前の問題が経験上多いのです。
それを伝える立場の人は少ないと思うからです。
分かっていただくとお互い上手くいきます。

東洋医学の考え方に、
   鍼や漢方より生活改善が良薬というものがあります。

鍼や漢方でさえコロッとは治りません。

食事療法等の生活改善は薬ではないので、
なおさら効果を気長に考えてほしいのです。

そのかわり、一番の良薬に位置づけられています。

最近、クローン病他難病を完治させた芸能界の
山田まりやさんは5年かかっています。


HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp




     


Posted by ansei at 23:38Comments(0)

2013年09月04日

上手治療選び! スグ効くより後から効く治し方を選ぶ

私は元気で生きています。

   闇の支配者に、前回のことで抹殺されてはいません。
   今のところ。

ということで、今回は真面目に、リウマチ膠原病の治し方のヒントのお話をしましょう。

当方のサポートの前や無料お問い合わせの時に、
<今までどのような治し方をしてきたか>をお聞きします。
人それぞれ様々な治療法選びの傾向があります。

あなたも、いろいろな治し方を考えてやってきたことでしょう。

発症して間もない方は、
   どういう治し方を選ぼうかと、たくさん思い巡らせていることでしょう。

今病院の薬を飲んでいる人は、
   他の方法を知らないのでとりあえず病院に行った人か、
   スグ楽になりたいからと病院に行った人
なのかもしれません。

病気は治療をしたらスグ治る、という発想は誰でも思うことです。
あなたも含め、現実のリウマチ膠原病の患者さんはどうなのでしょうか。 

結果として、発症して病院でもらった薬を飲み続けて、
その後も病院だけに通院し続けて、他の治し方もやっていない人がいたとします。
   そのような人で、その後治って治療をしなくてよくなった人は、あまり聞きません。
   むしろ、一生、効果がなくてもあっても飲み続ける人の方が多いのではないでしょうか。 

医師に一生治らないと言われたけれど、
   今スグ楽になるはずだと思った人もあるでしょう。

また、最初から西洋医学を捨て、
   代替療法・民間療法・健康食品で治す発想の患者さんもいらっしゃいます。
その中に、最初から自分に合った治し方に出会い、運良く治る人がいます。
それでも1ヶ月や2ヶ月でコロッとは治ってません。

しかし、病気は治療をしたらスグ治る、に近い発想と治し方で運良く治る人は
少数で、みなそう上手くはいきません。
ただ、治る場合があるので、その努力はムダではありません。

リウマチ膠原病の患者さんのほとんどは、
   「いろいろやっているけど…」
   「いろいろやってきたが…」 
なかなか治らないという場合が多いのではないでしょうか。

「いろいろやっているけど…」という人は、
   病気の本質を知らず、治し方の方向性が分からない人が多いと思います。
「いろいろやってきたが…」という人の中に、
   Aという治療法をやりスグ効果が出ないので見切りをつけ、
   また、今度見つけた治し方に替えてみる
という発想の人がいると思います。

以上のような人や前述の薬でスグ楽になりたい発想の人は、
   リウマチ膠原病はすぐコロッと改善するやり方より、
   数ヶ月ごとに少しずつ改善していく治し方の方が合っていて、
遅いようで早く治るという発想をもってほしいと思います。

そうすることで、
   治し方の選び方が変わったり
   半年1年いい治療を続けながら少しずつ好転させ、
   別のいいことも加えていって効果をもっと上げていく選択肢も出てきます。
その方が完治のある道だと思います。
スグ結果を求める道に完治はないと思います。

治し方を次々に変えて、効果が出ない前にやめてしまうことを今まで見てきました。
   
ある患者さんは、生活改善と治療を行い、
   3ヶ月くらいで薬が少し減り、症状も少し改善したのですが、治療効果が今一つと思っています。
   別のことをやろうと思っています。
 私から見たら順調です。
 また、生活上まだ改善すべき事があります。
 薬を飲むと自然治癒力が下がりますので、飲まない人よりは治りは遅いのが一般的です。
 それが少しでも好転したらいい方だと思います。

ここで、
   少しずつ良くなるものだと思って続けるか、
   スグ治る道を求めて別のに変えるか、
この先の結果が決まってきます。

本日、6年患った膠原病の患者さんとお話をしました。
 その方も、
    スグ結果を求めてきたので、
    逆に長く治らないでいることを最近気づいた
 とおっしゃっていました。
 それで、ステロイドを減らしているのだとか、
 あと少しで離脱できるとか言っていました。
 現在、いろいろ代替療法をやっています。
 体が冷たいので、当方が販売している天然鉱石をお風呂に入れて、
 温まりたかったようです。

 しかし、半身浴でお風呂に15分入ると体がきつい、ということでしたので
 販売するのをお断りしました。
    当方は、体内が温まる入浴法ですから、
    効果はあっても耐えきれないと判断したからです。
 体が冷えるのは、薬を飲んでいることも原因です。
 ステロイドの離脱をして、食事療法を行うといくらか良くなると思います。

この方は、当方のサポートを受ける気はないようですから、
これで終わりかもしれません。
この方も、今スグ効果を求めず良いことを積み重ねていけば、
いずれ道は開けると思います。
ただ、温まる食物に思っている食物に冷えるものがありました。

「正しい」という現実とは違う情報があるのでご注意ください。

ある膠原病患者さんは、1年に1回だけ当サポートを受けます。
    1回のサポートだけで少し症状がよくなったのですが、
    それから1年何もしていません。
    生活上の体の冷えが原因というのははっきりしている人ですから、
    1年間入浴法をしていなかったのはかなり大きなロスでした。
    
    今年、その事を悔やみ、また始められました。
    でも、またしばらくこないと思います。
    長いスパンで治し方を考えた方がいいとはいうものの長すぎます。
     
ある程度の治す目標期間は必要です。
そうしないと治す手だてを真剣に考えなくなります。

ある患者さんは、治療法を求めるのが好きです。
    有名な治療者に長年治してもらっていましたが、
    改善したものの完治しませんでした。
    それで、また目をつけた治した実績の多い病院(代替療法)に
    行きたいと言っています。

このように、人それぞれ、いつも同じ治し方の発想をしがちだと思います。
いつも同じ失敗をするのと似ています。

あなた様も、 
    今スグ結果を求める発想から長いスパンで発想する治し方を選ぶと、
    今までと違う良い治し方が見つかると思います。



HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp




      


Posted by ansei at 21:04Comments(0)