2015年12月28日

リウマチ膠原病の民間療法情報収集で見えてくる情報の真実性

「 なぜ当サポートは、割と長く続けられるのだろう? 」

 病院等治療者が話を聞いてくれないと、当方に電話がある事があります。当方のような相談の仕事を病院がやっていたら、利益を生まないのでつぶれてしまうでしょう。それに、相談にのれないのは、専門以外のことは答えられないことと、忙しいからだと思います。また、病院のレントゲン一つでも1000万円以上しますので元がとれないと思います。人件費他いろいろかかり経営が苦しいですから、保険のきかない新薬とかを使いたいはずです。

 NHKの相談番組に登場する親子関係等の心理カウンセラー内田良子氏は、NHKのインタビューで、その道に入るきっかけはアトピー喘息等のアレルギー疾患の心理相談を病院で行うようになってからだとか。そのような病院の心理系の部門は、どこも赤字部門とかおっしゃっていました。

 当方は、利益は生みませんがなぜか続いています。当方のようなカウンセリング業の精神科医等の仕事は命令指導ではなく、患者様が自主的に立ち上がるように対応しますので、治ったとしても感謝されない報われない仕事です。ちなみに精神科医は一般人より自殺率が高いようです。それなのに当方が長く続けられるのは、治ることを伝えるささやかな使命とただ好きでやっているからでしょうか?

 関節リウマチ膠原病の対応は多面的で情報収集に手間がかかりさらに数限りなく多面的要素が次々出てきます。全体像がわかりにくい病気だと思います。当サポートは、あきらめることなく次々に出される興味あるクイズを解いているようなものでしょうか。そのような労力が報われることがあります。

 リウマチ膠原病以外の病気の治し方や食事療法のお宝情報が入ったり、今まで見えなかったものが見えてきたりします。自分にとってプラスになることを発見したりもします。


「 治し方情報収集で見えてくるもの。情報収集の真実性!」


 当サポートで得た患者様・専門家・独自の学習で得た情報のおかげで、これまで得た情報も新情報が入ってもどんなものか即わかるようになりました。例えば、本やテレビ等のマスコミ・医師・何らかの治療者の情報に対して、関節リウマチ膠原病を治すのに使えるものと使えないものがあることが即わかります。ある治し方に対して症状が楽にはなるけれど完治しない方法とか見えてきます。

 ちなみに、一人でも治った実績がある治し方としては、健康食品、いろいろな食事療法・民間療法・代替療法他選り取りたくさんあります。

 また、健康本やマスコミで有名な食事療法に対して、<この人、この治療法はすごい!誰でも100%どんな病気でも治る!>と最初信じ込んでいたものです。ところが、ありとあらゆることをした多くの患者様から実態情報の体験談を聞かせてもらった限りでは、100人が100人とも治せるものはないことがわかります。

 中には一般の人からみて非常識で実行できるかという意味で、誰でも利用するとは思えませんが、リウマチ膠原病患者の半分の人が完治して、残りの半分の人も完治はないが好転の治癒例がみられるものもありました。そのことから本やマスコミの内容とは、悪いことを言わず良いことばかり言って、100人が100人とも治るように思わせる意図をもって企画し、人に見せるように作られていることを確信しました。

 そうして作らないと「本当は3割しか治りません!」とか「治らない人がたくさんいるんですよ!」なんて言ったら本が売れないし、番組が成り立たないのはよく考えると当然です。

 1日1食しか食べないことでテレビ等マスコミで有名な人がいます。20才若いと言われる医師の南雲良則氏をご存知だと思います。結果を出しているのでたいしたものです。医師でもあり、皆も言ってるし、テレビで本人も言ってるので、1日1食以外何も食べていないと思ってました。あなたもそう思っているかもしれません。

 今年の『週刊現代』の南雲良則氏の対談記事によりますと、間食でナッツ類を食べているようです。彼によると、「人によっていろいろ考え方があるだろうが私としてはナッツ類を食べることを食事として考えていない。」というようなことを言っています。テレビマスコミの話はそういうことが多いものです。

 ただし、意外に不食者(1日中1年中何も食べない人)は、本当だと思います。日本に3人います。実際、その人の知人からお話を伺ったこともあります。( 秋山佳胤氏<弁護士>、山田鷹夫氏<思想家>、森美智代氏<鍼灸師> )今年の『壮快』11月号の安保徹元新潟大学教授の連載に、<なぜ、食べないで生きていけるか>の各自違うそれぞれの理由が解説してありました。

 最近では、くだものだけを食べて生きている人がいるようです。こうなると、病院治療の科学的エビデンスとか、東洋医学の陰陽論等も何の意味もないように思えてきます。どれが正しいというより、いろいろあるのでそれをうまく利用しようということだと思います。



「 しかし、治療法は信じて行いましょう。 」

今までのお話しで行くと、ほとんどの人が効果を信じ込んでいるので、病院に行ったり薬を飲んだりするのだと思います。もし、薬を医師が患者に渡す時に科学的エビデンスから「必ず2割の人に効きます!」(うつ病につかうSSRIも実質2~3割しか効かない。)とか、「皆さんほとんど効かないとおっしゃる薬です。この薬の副作用で、今まで999人亡くなっています。あなたで1000人目ならプレゼントを差し上げます!」なんて言われても、誰もその薬を飲まないと思います。効くと思えば6~7割の人が症状が改善するプラセボ効果と逆になり、薬は効かないことでしょう。関節リウマチ膠原病に効くと思って薬でも代替療法・民間療法でも食事療法でも取り組みましょう。思い込みで6~7割治ることが証明されています。それゆえ、ニセ薬と本物の薬で効きをテストして新薬が発売されているのです。

 これからあなたもいろいろ体験し治し方のウソホント、プラスマイナスの真実を知ることで完治できるように利用していただきたいと思います。

 
HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp



  


Posted by ansei at 12:47Comments(0)