2015年07月10日

関節リウマチ膠原病をどう治す!わかりやすいHPに改善中!

「健康系のブログは皆さん手間をかけて作っています。」

 関節リウマチ膠原病の性質上もあって、今の当方のHPを見ても、何をどうやったら治るのか、分からない人が多いと思います。私も見てそう思うくらいですから。

 このブログがお久しぶりになったのも、HPを分かりやすくしたり、患者様を取り巻く社会状況がこれから深刻に悪化すること(後で述べます。)に対応するため、試行錯誤して改善案を繰り返し考えていたためです。

このような健康系のブログを書くにあたっては、東洋医学系の鍼灸師・漢方医の先生にしろ病院の先生にしろ、患者様や関係各位や法律等気をつかうことが多いと思います。ウソみたいないい加減なことは書けません。SEOグーグルの検索対策もあります。よって、今日こんな事がありました、のような報告的ブログのように毎日・毎週書けないのではないでしょうか。
 
 何か有益な食事療法・民間療法・代替療法等の情報を書き入れようと思うとネタを絞り出す必要が出てきます。知り合いの治療者は、同じネタは使えないので、毎月1回3年続かないだろう、不安だ、と言っています。幸い私は一つの治療者の立場をとらず、世の中の全ての健康情報を自由に発信できるコーディネーターの立場でもありますので助かっています。

 このブログのブランクの間に、有益なネタ、面白いネタもたまっていたのに、書く余裕がなく残念でした。それについては、適当な時期にお知らせしたいと思っています。また、リウマチの本当のカラクリ・原因・理論・治す考え方について、現在の病院治療等を題材にした大作もネタとしてあります。これは、医学情報が入っているのでもう一度仕上げに時間をかけて状況が整ったらいつか発表したいと思います。


「HPが分かりにくくなった多面的原因」

 現在のHPを分かりやすくしようとしているのも、リウマチ膠原病が一言で表現できないという意味で分かりにくい病気だからです。患者様をサポートする中で、これもこれも関係するのかと多面的原因が出てくるので、HPの統制がとれなくなっていったというところがあります。
 
 いろんな人から、『関節リウマチ膠原病の原因は何ですか。』とか『関節リウマチ膠原病は治るんですね。どういう方法で治すんですか。』とよく聞かれるのですが、一言で言えず困るのが現実です。

 アトピー・リウマチ情報センター安靖を開設して長く経ちますので、<民間療法、病院、さまざまな食事療法、代替療法、また食事等の患者様ご本人の生活実態等>の現実の実態情報が、今までずいぶん集まりました。
 
 患者様からの実態情報が集まれば集まるほど治すための課題の数はますます増え、学習するテーマも増えます。住む環境・生活実態・行った多くの治療法他、その人の考え方・人間関係・心理学系のこと等、こんな分野の知識も必要なのかということが次々出てきます。
 何しろ、リウマチ膠原病の患者さんの行っている治療も含めた生活状況の具体的な実況中継を聞くようなもので、こんな事が原因なのか、こんな事で悪化するのか、こんな事で改善治癒するのか、といったことが明らかになります。
 
 当サポートで、最近の例では、完治間近のリウマチ患者さんが急に悪化しました。鉄欠乏症でした。病院で治療を受け、鉄欠乏症が治ったらリウマチも元の完治間近に戻りました。リウマチ膠原病の話は単純に語れません。知識は、もっと先の先まで調査の必要性が出てきたりします。

 そういう意味で、私は当サポートの表面だけを知り、早く見切り分かったように患者様が思われた時は残念に思います。
 例えば、関節リウマチ膠原病に良い食品悪い食品を、当サポートやネット等で知ったとします。それで終わりではなく、その先にまだ何かあるということです。そう考えないと一人の人間の健康の全体像から見た情報としては未完成なのです。
 
 特効薬を探すように、一つの知識、一つの健康法・治療法を探し当てる他に、広い視野にたち、あらゆる方向から治る道を極める治し方であってほしいと思います。リウマチ膠原病は、そのような病気であり、生活習慣病的であると思います。


 
HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp



  


Posted by ansei at 22:12Comments(0)食事療法