2011年03月26日

リウマチ治療と似ている東北関東大震災の支援・対策

この度の東北関東大震災の被害者の方々に対し、心からお見舞い申し上げます。

中には、小児リウマチのお子さんの薬が手に入らず困っている方もあるようでした。
その後、リウマチの薬が手に入り症状が改善したと報道されました。
リウマチ患者にも影響が及んでいるようです。

報道で、困っている人がどこにいるのかも分かっているのに、助けてあげられない現状に、
どうにかならないものかと思っているのは皆様も同じだと思います。

リウマチを発症した方は、原因不明の難病で一生治らない病気だと、病院で言われるようです。

東北関東大震災は、阪神大震災に比べかなり広い範囲のため、全体像が最初つかみづらく、
情報も不足しているため、状況が分かりづらいようです。

今回震災の対策が立てにくい面があることと、
リウマチを完治(薬の治療も受けなくて済むようになること)させるためには
どうしたらいいのだろうと考えることとは、状況が似ています。


今回の東北関東大震災の対策状況はどうなのでしょう。
今回の被災地の県知事や市長が別々の報道インタビューで、
県(市)の対応だけでは、全ての震災被害者を救済することは困難だと言っています。
それを国に対して訴えているが、指示反応がないらしいです。

もし、菅首相ではなく、あの人間としての常識が疑われる小沢一郎氏が首相だったら、
これからもっと能率よく人命救助をしているかもしれません。
この人は目的のためなら手段を選ばないといわれ、ルール・法律に縛られず、
常識では考えつかないことをどんどんやって、困っている人を次々と救助したかも
しれません。
現実に日本や世界には、ヘリコプター(ラジコン含む)で食料・医薬品・灯油・ガソリン等
人・物・運送手段はあるのですから。

今回の被災者の方々は、自らの知識と行動でがんばっておられます。

リウマチ患者の方々も、治療で治してもらう依存的な考え方から自分の体を自分でコントロールして、
自力で治すことを考えてがんばってほしいと思います。
今回の災害のショック・ストレスでリウマチが発症しないことを祈っています。

国に頼りたくても頼れない状況の結果、被災者の方々は自ら助け合いながら生きのびておられます。
そのことで世界を感動させています。

リウマチ患者の方々にとって、病院の薬物治療のみで治り完全に症状が止まる患者は約3割と言われているらしいことと、原因不明で一生つきまとう病気と西洋医学では言われていることから、病院もあてにはできません。

リウマチ患者の方々も、自ら行動を起こしあらゆる情報を集めて、食事療法・民間療法等の私生活改善等で自ら考え自ら行動を起こしてほしいと思います。
幸い病院以外の治し方では、100人100様の治り方で多くの方が薬を必要としなくなっています。(治っています。)
自分の体を自分でコントロールして!

リウマチが治らない患者さんは、今回の被災者の方々が置かれた立場に似ていて、状況と治る情報が分からないため対策が立てられない方々だと思います。
それゆえ、当方はサポート情報サービスを始めたわけです。

最初、原子力発電所を冷やすため出動したヘリコプターが現場から引き返しました。
放射能レベルが高かったかららしいですね。そしてその日は何もせずに終わりました。
マニュアル通りにいかないのは当然なので、次の手を考えて対処するのが普通です。

リウマチ患者の方々も、病院以外の治療法もたくさんありますので、それらを次の手段として
探してほしいと思います。

今回の災害支援のボランティアをしたい方がたくさんいらっしゃるようです。
しかし、個人プレーで動くと現地には何もないので、自他共に困るようです。

そこで、それを解決してくれるのがボランティアコーディネーターの人です。
どこで誰が困っていて、どんなことをしたらいいか等、ボランティアの方々が力を発揮できるようにコーディネートする役目の人です。

リウマチの要素は多面的・広範囲で分かりにくいものです。
最初、病院の治療を受けそれから知識も増え、民間療法の鍼・漢方薬局の漢方薬・玄米菜食の食事療法・健康食品など全て行っても治らないという人からのお電話もけっこうあります。

そのような方は、その手段をなぜ利用するのかということが分かっていないため、
うまく力を発揮させられないと思います。

当方は、情報を整理して現状を分かっていただき、生活改善で治す知識を教えています。
患者さんを治る方向に導くコーディネーターみたいなものかもしれません。


HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp



  


Posted by ansei at 17:01Comments(0)

2011年03月11日

前のように好きな物を食って治したい。

『昔みたいに、何を食べてもリウマチの症状にならない体に戻りたい。』

という人とお話をしました。

そんな時、いろいろな病気を治す取り組み方の考え方があると思います。


世間には、食事に関して様々な考え方があります。

治れば

食事を変えて白米から玄米や菜食主義の食事療法にしようとか、

断食療法のようなことをしようとか、

当方のように、白米に肉食をしても良いとか

あると思います。


この方の場合、

<好きな食べ物を食べてもリウマチになる前は症状がなかったわけだから何を食っても治せるはずだ>

という主張がお話をしていて分かります。

そのように考えて、食を変えず治した人は現実にいらっしゃいます。

当方では、

その両方を考えてやるのがベストではないか

と考えてサポートしています。

なぜ両方かといいますと、

治りが早いことと、

人間は年齢と共に体の状態が変わってきますので、

昔のような食事では食品を代謝できなくなっていることも考えられるからです。

単純にガンでも何かの病気でも

若い頃はどんな悪い生活をしても病気にはなりません。

年齢と共に病気になる確率が上がっていくのは、体質が変わっていくからです。


この方には、両方やってほしいと思います。


HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp
  


Posted by ansei at 17:24Comments(0)

2011年03月03日

治る扉が開いた!

「リウマチがアレルギー疾患ではないか、と思うようになった。」という

患者さんとお話をしました。

どうやら当方のホームページで

『リウマチはアレルギー疾患の一つの型である。』と書いてあるのを見つけたことと、

ご自分の最近の実体験からそのことに強く反応し共感されたようです。

その体験とは、

本人にとってある物を食べた時だけリウマチの症状が悪化するというものです。

それで、福岡市内ではありませんが整形外科のリウマチ科の医師に

「あるものを食べると必ず症状が悪化するのは、アレルギー反応ではないか。」

と尋ねたようですが、特に返事はなかったとのことです。

ところが、

必ずある物を食べることが原因で症状が悪化するのを体で体験するその患者さんにとって、

アレルギーの確信があったのでしょう。

それで、その方面から勉強してみたいと思ったようです。


この方は長年患っておられ

病院の治療や民間療法の治療法の鍼や漢方等いろいろ行ってきた方のようです。

この体験を通して、10年以上経って初めて治る扉が開いたような気がします。


今回この方にとって一番良かったことは、

自ら私生活を改善することによって体調をコントロールできる事を

実体験で確信したことだと思います。


しかし、

食物アレルギーのようなアレルギー反応と思っていたら、

残念ですが先はまだ長く、

扉は開いたがまだ治る道へ踏み出したとは言えません。


治るために一人の患者さん自身はそう大した努力は要りませんが、

治すための情報知識は

アレルギー疾患がどうして起こり治ってていくかの理論と

その治ることを実現するための方法が必要です。


リウマチを治せる者でも、いまだ基本的・有益な健康知識を知ろうとします。

関わりの中で患者さんから教えてもらうことも多く、

患者さんと一緒にもっともっと勉強したいと思います。


HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp

  


Posted by ansei at 09:30Comments(0)