2011年05月26日

リウマチはどうしたら治るか!病気ではないことを知ること。

当方には、

  「今まで長年いろいろやっても治りません。何か良い方法は。」

  リウマチを発症したばかりの方からの

  「何か良い治療法を知りませんか。」とか
  
  「病院の治療は副作用が怖いので、他に治療法を知りませんか。」とか

  「おたくはどんなこと(たぶん治療みたいなこと)をして治すのですか。」

といった<治療で治そうとする発想>で問い合わせてくる人が多くいます。


しかし、長年の間に知り得た情報によるリウマチ治しの現状は

 西洋医学・病院・整形外科等でお薬を飲む治療法では、副作用がありながらも

 一生お薬を飲み続けなければなりません。たとえ一時的にお薬がいらなくなっても

 また再発することがあるようです。

 さらに、そのような患者さんの3割くらいの人は症状が進まないそうですが、

 後7割の人は症状が進むそうです。


 漢方や鍼等の東洋医学系やそれに近いもので早く治った場合でも、2~3年かかるようです。

 
 また、温泉湯治・食事等の生活改善系によるもので(健康機器含む)早く治った場合、

 リウマチで半年で治るようです。

 (100人100様で多くの人のリウマチが治っているのに、どうして治った例を見つけにくいかは次回。)

というところです。


あるお医者さんが新聞の連載で、
 
 西洋医学の治療はアレルギー疾患のアトピー・喘息・リウマチ等には合ってないのではないか

とおっしゃっていましたが、

結果としては上記のように治療らしいものほど治らないか治りが遅く、

治療といえない自分で自分の生活を改善し治していくようなものが早く治っています。


いずれも治った場合の治し方の現状は、100人100様の治し方です。

アレルギー疾患は多面的要素が原因です。

一人一人原因が違います。

治ったときの理由は、その人の原因と治療と治し方の意図がたまたま一致したからでしょう。

一人一人の原因というのは、食事や心身のストレスから薬まで様々です。



最近、<慢性疲労性症候群の患者さん>や<あちこち体が痛いのでリウマチと思って転々と

病院を変えているが、「リウマチではない。」と言われ、しかも「原因が分からない。」と言われた

人からの問い合わせがありました。

  お二人とも「原因が分からないので治しようがない。」と病院の先生に言われました。

  しかし、何とか苦しみから逃れたいので何らかの治療をお願いし、精神安定剤や

  抗うつ剤等をもらったようです。

  精神系の薬は、一度使うと治ったようにみえますが、脳の受容体が完全に元に戻らず、

  不安が残ると言われています。

  するとますます深みにはまってしまったようです。

  そのようにしながら、次々に病院をかわり、ある病院で「こんなもの飲んではいけません。」

  と言われることになったようです。

  (その病院だけが治療するところではありません。あまりにも苦痛を患者が訴えると、

  医者も楽にしないといけないと思って無理をすることもあります。

  治療に依存しすぎず、自分でも努力する道を考えたいところです。)


世の中には西洋医学に合わない病気があります。

  次々に悪い面(副作用や事実上の免疫悪化・別の病気等。)が出る場合があり、
 
  抜け出せなくなる場合があります。

  そのような病気は、ただの肩こりや首のつり等のような場合が多く、

  東洋医学系や民間療法でスグ治る場合が多いのです。

  最近、「そのことを発見した。」というお医者さんの記事を見ましたが、

  そのようなことは大昔から東洋医学系の治療者は知っていることです。


リウマチもそのような病気だと思います。

 <治療法を求め誰かに治してもらおうという発想>で治そうと思っている人は、

 たまたま治ることもありますが確率は低いです。

 私生活のことや東洋医学系のことやほんの些細なことに目を向けて、

 自分で自分をコントロールしようとする人の方がはるかに治る確率が高いようです。


治った人の例で結論が出ています。

 上記の人で、お一人は鍼灸院に行くことと環境対策で治ります。

 もう一人の人は、治療法ばかり求めているので、それで一生終わると思います。

 私生活の改善等自分で治す努力も必要です。本人はそんな方法を知りませんから、

 と言っていましたが知る努力をしていません。本でも何でもあります。

当方はそのような全般的情報をサポートしております。


最近、またリウマチの薬の副作用で友人をなくした人とお話をしました。

 知人だけサポートして治ってもらっていた当方が、インターネットでサポートサービスを

 始めた理由も身近でそのようなことが起こったからです。

 
治療法は、その人の状況に応じてその人に合ったことを選ばないと生活できません。

ですから、西洋医学も東洋医学も民間療法(食事療法の生活改善系)も必要です。

しかし、各治療は、悪い生活やその他の要素で悪い影響を及ぼすものがあれば、

完治しきれないようです。

逆に、治療以外のことで良い影響を及ぼすものがあったら、治療効果もあがり、

副作用のあるお薬も減ったり、症状が進まなかったりするものです。

いわゆる病気ではないと思って私生活やその他の面に目を向けてほしいと

思います。


当方では、そのようないろいろな知識を教えています。

年数はかかるかもしれませんが、自分で自分を良い方向に調整する知識を

勉強されることはご自分でもできるはずです。

一度、挑戦してみてはいかがでしょうか。

どのようなことを当方が行っているかは、当ホームページに詳しく載せています。


HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp


                            

  


Posted by ansei at 08:01Comments(0)

2011年05月10日

リウマチはなぜ治しやすい!アトピー・喘息治し(懸賞金付き)!

会うといつも楽しい会話をしていただける社長がいます。

最近、その社長から

  『うちの社員の病気を治したら懸賞金をやるから、治してみないか。』

と頼まれました。

私はとても喜んで、すぐその話をお受けすることにしました。


一般に、治らない健康食品や治療にお金や時間を費やすことを惜しまないのに、

生活改善で治す知識を教えてもらうことについて軽く見る人が多いと思います。

そんな治し方に価値を認めてくれたことが嬉しくて、お引き受けしたわけです。


その社員の方は、幼児の頃から30歳くらいまで、アトピー性皮膚炎、咳・喘息、鼻炎、花粉症の

すべてを煩っている女性です。

仕事が忙しく、夜遅くまで働いている人です。

当方がその方の仕事場に行った5分か10分に限って、治し方のサポート情報をお話しするしかありません。


今までⅠ型アレルギー疾患の人に接すると、本題の治す話の以前に素直にその話を受け取ってくれず、聞き入れてもらえない傾向にあります。

しかし、その方と初めてお話をしましたら、とても素直に話を聞いてくれ、

しかも、こちらの話す治し方に対して飲み込みが早いのに驚かされました。
(社長が事前にお膳立てをしてくれていたかもしれません。)


『あなたはⅠ型アレルギー疾患の突然変異ですね。
普通、なかなか素直に話を聞いてくれないんですよね。』

と当方が言いますと、

この方は、

 『私は、幼児の頃から病気の注射を5~6本打たれていました。
 それから水泳に行かされたり、随分いろんなことをさせられました。
 これが良い、あれが良いと幼児の頃から聞かされさせられてきました。
 だから、他のアレルギー疾患の人もうんざりして、話を聞かないのだと思います。』

と言われました。

なるほどと納得しました。


そのようなことを素直に言ってくれるⅠ型アレルギーの人は珍しい。

とてもやりやすかったので、その方と社長に

『アトピーは3日、喘息も1ヶ月で治りますから、そして、アトピー、喘息、鼻炎の順に治っていきます。』
と、つい宣言してしまいました。

ところが、後の会話で<手足の冷え>があることが判明しました。

 「ちよっと待てよ。自律神経の失調がひどそうではないか、しまった、その日は予言までするんじゃなかった。」

と思いました。


次の日、その人に会って体の調子を聞きますと、アトピーの顔の赤さが3分の2は治っていました。

手足の冷えもずいぶん良いと喜んでいました。

前日のアドバイスが効いたようです。

当方は食事だけでなく、多面的要素からサポートするので、心配しなくても良かったようです。


前日のサポート情報サービスは、

<前日どんな生活をしていたか>を聞いた後、

食事では、
 <世間一般では健康に良いと言われている食品とアレルギー疾患に良いと言われている食品の2品が体に悪影響を及ぼすこととその理由>

をお話ししただけです。

その他は、<冷えを改善する方法>を教えただけです。

それと、<食べ方によっては悪い>というのも一つ説明しました。

(※食品の風評被害と人によって効果ややり方が異なるので、誤解がないように食品名等
具体的なことは表記していません。)



2回目に会った日は、その他に<喘息の治し方の強化策>を確認して帰りました。

彼女のやり方を聞くと徹底していなかったからです。

これで、1ヶ月後に喘息は治るか、治る見通しがつくくらいになっているはずです。


ただ、懸賞金の金額を決めていなかったのが気になりましたので、
 
 『病名一字で一万でどうか、社長に言ってもらえませんか。できたら長目の病名で、
 例えば、アトピーではなくアトピー性皮膚炎、鼻炎ではなくアレルギー性慢性鼻炎の
 ようにしてもらったら嬉しいです。』

と言って帰りました。


ところで、当方が<リウマチが治しやすい>と言っているが、
アトピー・喘息の方が治る期間も短く治しやすいのではないかと思っている人がいるでしょう。

なぜリウマチが治しやすいかと言いますと、

アレルギー疾患の人に比べ性格傾向が率直で、体の治し方だけを話し合えるからです。

それとリウマチだけの症状の人が多い。

治し方のパターンが同じであることが多いからです。


今回の方は、私生活改善法を詳しく聞いたのが初めてですれてなかったのが良かったです。


HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp
  


Posted by ansei at 20:51Comments(0)