2012年05月26日

膠原病リウマチを治すコツは、偏らない情報収集にあり!

最近私は、様々な病気の人に当てはまることだと思うのですが、
好き嫌いや偏見を持たず偏らないで情報を集めてほしい、
情報収集に労力と時間とお金を使ってほしい、
と思っています。

病院の治療や西洋医学の情報、民間療法の治療法と治療者、
食事療法等の生活面、健康食品や健康機器、その他あらゆる面や治し方です。

リウマチ(膠原病)が発症して数ヶ月になったHさんは
未だどうして治したらいいのか目標を持てず、
『とりあえず病院でお薬を飲んでいます。』とのこと。
薬を突然止めたらきつい症状が出ることを後で知り、
当初、病院の治療を軽く考えて選択したと思っています。

「週刊ダイヤモンド」2012/4/28・5/5合併号の中の
『関節リウマチ関節破壊をストップ! バイオ医薬品で治る時代に』という
タイトルで始まる記事の一部によると、
  <現在のリウマチの治療は、バイオ医薬品「レミケード」と
  強力な免疫抑制剤「メトトレキサート(MTX)」、この二つが揃ったことで、
  関節破壊の進行を遅らせるものから進行を止めるものへと転換した。
  治療のゴールは、関節破壊が完全に落ち着いて進行が停止した状態、
  リウマチ医の言葉を借りれば、【寛解】です。>
とあります。

これだけをみると、病院の西洋医学にかかれば全て解決と思うだろうし、
病気は病院に行って治療を行うのが一般的な社会常識で、だれもが
そう思うことでしょう。


前述のHさんもそう思って、
無条件に何も考えず、薬を飲んでいたのでしょう。
(『薬に副作用のないものはありません。』が薬剤師さんの決まり文句です。
様々な理由で様々な薬により、リウマチ膠原病が発症することがあります。
胃痛・頭痛・カゼ等でスグ薬に頼るタイプの人はなりやすいと言えます。)

その「週刊ダイヤモンド」のその他の記事には、良いことばかりでなく
ネガティブな内容・情報もあります。

 <「レミケード」は、肝疾患や腎疾患の患者さんには使えないこと>や、
 <バイオ医薬品は、最初から投与しても効かない1次無効、
 使い続けているうちに薬に対する抗体ができて効かなくなる2次無効
 になることがある。>
 <バイオ医薬品は、どの薬も肺炎など感染症の副作用がおきやすいため、
 くれぐれも注意を払いたい。>
とありました。

そして、
 <ところが近年、発症後1~2年のうちに関節破壊が始まっていることが分かり、
 間接の変形が始まる前の早期段階から強い薬で破壊を抑える治療へとシフト
 している。>
というのもありました。
それが前述の治癒薬です。

しかし、現実には
ある免疫抑制剤の副作用で1000人以上の人が亡くなったと報じた
一昔前の西日本新聞の記事がありました。
その他の薬でも結核など10以上の副作用を持つ薬があり、
肺炎等よりもっと危険な副作用があります。

当方がサポートサービスを始めたのも、
身近に膠原病リウマチの薬の副作用で亡くなった人がでたことからです。

最近も、
薬の副作用から人工透析をするようになった糖尿病患者の方もおられるようです。

記事のタイトルの「バイオ医薬品で治る時代に」という気軽なものではありません。
西洋医学は、症状が抑えられているだけで治ったわけではありません。
治ったなら薬は必要ないはずですが、薬を飲み続けなければならないのです。

現在の病院の治療は以上のようなものだから、
民間療法の最初に述べた鍼等の東洋医学系の情報、自然療法、生活改善の食事療法等に
目を向けてほしいと思います。
(これらで治って薬が必要でない人はたくさんいらっしゃいます。)

だからといって、西洋医学の知識を学ぼうとしないことも治すことにとってはマイナスで、
知識を得る労力はいかなる場合もプラスになります。

当方も医学的データを基にサポートしておりますから、良い改善が得られ治るわけです。

以前のブログの例の人も、治療法で治すことばかり考えないで、
ご自分の生活を改善して治す情報を集めてみると治る確率が上がります。

実際に当方で教えているサポートは、
生活が良い悪いだけでなく、一つの症状に対しての対処の仕方が
一の手、二の手、奥の手と考えています。

1回2回のサポートと情報は序の口で、その先があります。
膠原病系の方は、考えられない体質の悪さを持っていらっしゃるので、
当方は今でも情報を集め、体温アップの方法を新たに作りました。


HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp




  


2012年05月09日

全てが悪習慣の患者が改善しようと決意したときは治しやすい!

当方に問い合わせを初めてされる方にたびたび聞かれるのが、
 「どんなことをして治すんですか。」
 「何か治療法でもされるんですか」
 「どうしたら治るんですか」
等です。

以下の内容はそのことにお答えできるものかも知れません。

当方は、リウマチ膠原病をいわゆる病気とはみてないので、
一言では答えにくいものです。
また、原因は多面的で多くの要素があります。
患者さんのすべての生活状況その他を出していただいて、その一つ一つが
リウマチ膠原病にどのように影響しているかということを解説しています。
大筋では3つですが、あまりに多面的要因があるので、それが一番
患者さんに理解されやすいと思うからです。

リウマチ膠原病の疾患があるAさんに、
過去から現在に至る全ての生活状況を書いていただきました。

立派な教科書と言えるほど、良いところは一つもなく全てが悪い生活でした。
(ただし、食事に毒物を食べているわけではないので、一般的な目から見たら
普通の食生活であり、若い人の普通の生活です。しかし、アレルギー疾患の
人には悪いという意味だと少しは分かると思います。)

本人が発症して数年経って、当方を利用したいと思ったのは、
<早く何とか治したい>と強く思い始めたこと。
薬は悪いと、周りから聞かされて
<民間療法・食事療法等、自然で副作用なく治したい>と思ったからです。

当方に相談する前から、自分の私生活を改善しようと試みた話も聞きました。
(重要なポイントからはずれていて残念、残念)

そんな生活をしていたのが原因かなという本人の意図は、
合っていることもありました。
(皆さん、なった原因の自己分析は結構あたっている部分が多いですよ。)

このような
<全ての私生活が非常に悪い人>が生活改善しようと決めました。
生活の全てが悪いと、こんなの治るはずがないと思うものです。

しかし、体に良いことが一つもない分、一つ一つ生活が改善されるたびに、
改善した分だけ体質改善もされます。

Aさんは冷えがひどく入浴で汗も出ませんでした。
入浴の仕方を改善したその日、入浴後汗が出ました。
寝るまで体が冷えていたのに、寝るまで体が温かくなりました。

Aさんは、1~2週間に1回しかお通じがないほどの便秘症でしたが、
食品を2~3変えただけで1週間内に、1日か2日に1回とほとんど
毎日お通じがあるようになりました。
(さらにステップアップした食事療法を教えたので毎日になるでしょう。)
お通じがよくなるとともに食欲もわいてきた、
との報告を受けました。

このように、全て悪い生活の人は、次々に良いことが起こりますので、
本人も自信を持つし生活と体調との関連も理解できるので、
治った後の体調管理もしやすくなります。


これが少し食養をかじったり、すでに自分で良い方向に生活改善している人だったら
目にみえて改善した感じがスグに起こらないこともあります。
ただ、そういう人でも、
しばらく当方の生活改善と知識を実践されると効果が現れてきます。

本来、人の体の入れ替わりは、急には起こらないものだからです。
<時間は薬>といつも患者さんには言っています。
「1ヶ月少し・3ヶ月少し・半年完治が効果のメド」を目標においています。

むしろ、生活が全て悪い人の方が、本人も理解しやすく意欲もわきます。

Aさんは率直に自分の気持ちや体の状態・生活のことを詳しくスグ伝えてくれるし、
こちらのサポートも素直に聞いてくれるので、期待を裏切ることのないように
誠実に対応し、一生懸命対策を考えています。

教えたことを実践され、スグに効果が現れた喜びの報告が来たり、いまいちの
体質の悪い面を素直に報告してくれるので、対策が立てやすくやる気も出て
楽しくサポートできます。

膠原病の人は、
そのもの以外にも付随して冷え等の他に病名がついた症状もお持ちです。

Aさんは、そのような症状も1ヶ月以内くらいのサポートで治ったようです。

このように、最初から全てが悪い生活の人の方が無垢で、
本人にも生活改善と体調の関係が分かりやすく、
当方も意外に治しやすいものです。

治療もせずに生活改善だけで
治療法より早く治っていくので、
リウマチ膠原病は病気ではないのです。



HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp






  


Posted by ansei at 15:41Comments(0)