2013年02月27日

いつ治るか 花粉症カゼ対策になる製品開発

最近、
インフルエンザウィルス花粉症対策製品の開発の研究をやっていたら、
いつの間にかブログを出す期間があいてしまっていました。

花粉症等の鼻炎系アレルギー疾患は、
アトピー・ぜんそく・リウマチに比べ、
生活改善で治すと改善好転の萌しがみえるのが遅いため、
私は苦手意識があります。

傾向として、
  アトピーは3日以内、
  咳・ぜんそくは1ヶ月以内、
  リウマチは3ヶ月~半年の間に
体質が改善するか症状が軽くなったり完治したりします。

しかし、花粉症鼻炎系はいろいろあってスムーズに
スグに結果が出せません。

最近の例
   リウマトレックス、レミケードを飲んでいるリウマチ患者さんが
   当サポートを受けて3ヶ月くらいで体の冷えが改善し温かくなり、
   痛みも少々和らいできています。

   また、別のリウマチ患者の方も3ヶ月くらいで改善の萌しがみえています。
   私が分からないのは、その方が持っているもう一つのアレルギー疾患の
   鼻炎が10日で完治したことです。
   私の苦手な鼻炎がずっと後で、リウマチが先に治ると思っていたのですが、
   食事療法が効いたと思われます。

花粉症もよく効く薬が出ているようですが、
アレルギー疾患の薬のほとんどは
免疫システムを本質的にはより悪くしていくものがほとんどです。

以上のように、生活改善は副作用もなくバカにできません。
  
  高血圧が入浴方法の工夫により10日で正常に改善しました。
  日本人は、昔から温泉湯治療法で、膠原病・ガン・皮膚疾患等を
  治してきたわけです。
  入浴も日本人特有の伝統的生活習慣です。

リウマチ膠原病が半年で治らないのは何故か?
  患者さんにそのギャップを埋めるヒントにしていただくために、
  民間療法・代替療法・西洋医学(病院治療)の把握のために、
今年もこのブログを続けようと思っています。

HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp




  


Posted by ansei at 23:26Comments(0)