2014年09月23日

山田まりや本を生かす!㊦小児リウマチ膠原病は先天的?治し方

生まれながらや子供の頃からの若年性リウマチ・小児リウマチ膠原病の人に
治るヒントにしてほしいことが、
山田まりや本の「食事を変えたら未来が変わった!」のP45にありました。
   
   お腹に赤ちゃんがいると分かった瞬間から、「私の食べたもの、摂取した
   ものは、全て赤ちゃんに直接に入っちゃう!私のせいでアトピーや
   アレルギー体質になっちゃったら申し訳ない!」と思えたからです。

と書いてあるところです。

今までにも生まれながらにリウマチ膠原病の方がいらっしゃいました。

普通、生まれながらというと先天的だと悲観することでしょう。
それは違うと思います。
体内にいる時の母親の生活(食事)の影響によるものだと思われます。

<若年性リウマチ・小児リウマチ膠原病と親の食事の影響例>

  赤ちゃんの体は、授乳中も母体の影響を受けます。
  山田まりやさんが甘いものを食べて授乳すると、お子様は興奮気味になる
とその著書に載っています。
  母親が食べたものが母乳となって赤ちゃんの体内に入っていくわけですから、
  親の食べたものが赤ちゃんの体や代謝活動に影響を与えます。

  「食べて毒でもないものが・・・」と思う人には、
  ある健康本の中の「幼子に漢方は強すぎるので、母親が代わりに飲んで、
  母乳から間接的に取り入れた」という話をすると分かると思います。

  人にとって食べたものが薬ほどに影響を与えることは、アトピー性皮膚炎で
  よく分かります。
  最近では、アトピーのほとんどは自分の体質に合わない食べ物か、特定の
  普通の食材の過剰摂取だから病気じゃない、と言って薬を出さない医師が
  ふえてきています。
     じゅくじゅく、カサカサのアトピー性皮膚炎患者でも
     ある食材を制限すると3日で完治して美しい肌になります。
土台(?)を考慮しても、100人が100人とも前より
美人になると断言できるほどです。

当方の食事療法は、陰陽とかではないのですが、以上のようなこと等を
行っています。あまり、難しく考えないでも有効なことがあります。
授乳期を過ぎても親から子への食事の影響は、子供が巣立つまであります。

親と子の体質が違うのに、子供は母親の選ぶ食物を食べることになります。
若年性リウマチ・小児リウマチ膠原病の子供さんをお持ちの親御さんも
注意が必要です。

以前、ある家族は外食ばかりしなければならない事情から
親子とも外食ばかり食べていました。
子供はアレルギー疾患でした。
その後、その子供は就職して自立し、
ある食事療法に出会い食事を変えました。
すると、そのアレルギー疾患が治ったのです。
 
若い時になる人が多いクローン病の患者は、
親と同じ食事を食べているケースが多いと思います。

以前、クローン病がやたら多い地域がありましたが、
上と同じような食傾向だったと思います。

若年性リウマチ・小児リウマチ膠原病も親の影響が発症原因なら
先天的ではなく後天的です。
後天的に発症して治った人は何人でもいますから、
代替療法、民間療法、食事療法等、
同じようなことをすれば生まれながらの人も治るということです。



HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp