2012年04月30日

リウマチ膠原病は治そうとしている考え方で治るかが決まる

このブログ及び当方のサポートは、
治せない患者さん側と治る世界との接点になったり、
すき間を埋めるためにやっています。

本来なら、<こうして治ります、治りました>と書けばいいものでしょう。

しかし、具体的な人それぞれリウマチの発症原因は多様で、
その人に合った治し方も多様です。
つまり、ある人が治った一つのことを公表しても
別の人が同じ事をして治るとは限らないからです。

例えば、ある方のご主人が最近亡くなられました。
それからというもののその方はみるみる元気になり、
とうとうステロイド剤・リウマトレックスがいらなくなりました。
(他に治る要因はみあたりません。)

このように、思いもかけない多様な要因があるのです。
ある人のリウマチが改善した食物を公表して、
他のリウマチ患者がマネをしても改善するとは限りません。

そこで、当方のサポートサービスは患者さんのすべての生活情報を知った上で、
完治への治し方の理論と知識を学んでいただくことにしています。
それにより、接している中で
患者さんがリウマチ膠原病をどう考えて治そうとしているかが分かります。
また、この方は治る世界に行きやすいか行きにくいかが分かります。


最近サポートを始めた数人の例で思ったことを書いてみます。

私からみた生活状況は、皆さん発症した原因がいくつもあってとても悪く、
今までの対処の仕方・治し方も的外れでした。

しかし、私にとってはその方が意外にやりやすいのです。
原因がはっきりしているから、それを解消する道を教えるだけでいいからです。

すべて生活が悪い人は、玄米菜食で治らなかった人より
考え方・知識を素直に受け入れてくださいます。

生活改善意識がある程度あって、
ほとんど健康生活をしている人で治っていない人は、
もっと良い食品を知っているなど、突っ込んできて困ることもあります。
そのもっと良いという意味が、
当方がリウマチを治すためにその食品を使いたい意味・考え方と
まるで違っているからです。

どのようにして治すかという考え方は大事なポイントです。
サポートを始めた数人の方達の共通点は、
薬を避けて治したいということです。
副作用を避けたいということと治らないということが最も多い理由です。

根本的に治るもので副作用がないものを探しているので、
治る世界に入りやすい人です。
すでにリウマチ膠原病が悪化する考え方・世界から抜け出ていると、
当方は思っています。

後は、治すための良いことを積み重ねるだけです。

ただ、数人の人の取り組む考え方の違いが一部ありました。

(早く治したいのは誰しも同じだが)<治る期間を特別意識していないタイプ>と
もうひとつ<薬みたいに一発で治したいタイプ>があります。

短期間で治したいタイプまでは、治る世界に入ると思います。
それに、当サポートを受ける前から自分の食事を変える意識が
あることも良いことです。(的外れではありますが。)

薬みたいに一発(一日)で治したいタイプの人は、
リウマチの改善は見られても完治まではいかないと思います。

それも一発でリウマチが治ったら、十代の時のように夜も寝ないで
何でもおなか一杯飲んだり食べたりして、好きなようにしたいと思っています。

そのようにしてもリウマチにならないことが治ったことだと思っています。

そんな生活を年を取っても続けるなら、
リウマチにならなくても別の病気(ガン等)になります。
アレルギー体質だからリウマチになっただけの話です。

人の体質は年齢と共に変わっていきます。良くも悪くも。

惜しいことにそのタイプの人は、
治し方や治療者(鍼など)を選ぶ目はすごく良いんです。
治し方が分かっている立場のものから見ると、
リウマチが悪化する生活をしては、良いものを見つけて
体を楽に改善させているのが分かります。

残念なことに、
「食生活はいたって普通です。」
と言っています。

考え方にムリがあると思います。

人間は、
空気と水と一定の温度、放射線等の中でしか生きられません。
何でもできるわけではありません。

しかし、良い治療者はよく見つけます。惜しい!

HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp



  


Posted by ansei at 08:18Comments(0)

2012年04月13日

当方のリウマチ民間療法は安くて早く治ると思いますが。

前回、正しくて正しくない健康法で体の冷え症状が出ていた方は、
現在、正常な体温に回復されました。

半年かかると思っていましたが、3ヶ月かからずに治ったようです。

途中入浴材料を徹底して入れたのが効きました。

最初経費をあまり使わないようにしたことは作戦的に良くなかったようです。

当方の入浴でリウマチを治す方法は、
リウマチが治ることになれば普通の水道水だけの入浴に変えていいわけです。

体質改善されリウマチが発症する前の健康な状態に戻っているからです。

普通の入浴を続けて健康を維持できます。
また、食事療法も併用して学習していますので、より一層安定した
健康状態を維持できるでしょう。

リウマチの患者さんは、
毎月病院の治療費の他に何千円何万円とお金を使い続けて
何年何十年と治らない人が多いのが現状です。

当方の民間療法の経費は、
元々他の治療法や健康食品を使用した時より安いし、
体質を変えると必ずしも必要としなくなります。
リウマチが完治したと言えるからです。

西洋医学の病院では、
一生お薬を飲み続けなければなりません。
しかも、副作用や症状の安定の心配もあります。

経費を考え、中途半端に民間療法を行い、だらだらと長く治らずにいるより、
徹底して早く改善させて、経費が必要ない完治した状態にした方が、
トータルで考えると経費が安く健康に戻れます。

最近、経費を惜しみ中途半端なことを行い症状改善がみえない人や
全くお金を使いたくない人をみかけます。

知り合いのTさんに、
当方は食事療法(お金はかからない。)や入浴方法、民間療法の治療で
上手なところも教えようとしたのですが、
お金をかけたくないという理由で行おうとしません。

健康食品の見本を渡し効果もあったのですが、
お金を使いたくないと行いません。

もちろん、病院にも行っていません。
現在も関節筋が痛いとか、月曜日は特にきついとか言っております。

お金の他に、責任ある立場なのでスケジュールがびっしり詰まっているのも
原因なのですが。

たまに温泉湯治療法で息抜きをしたり、早く仕事を終わる生活をして
お金も使って半年で完治して、仕事も長く続けた方がいいと思ってみています。

最近Tさんは、重いものを抱えることができない、力が入らなくなってきた、
とも言っています。
手に変形が起きたり、体を悪くして仕事に支障をきたすようになる前に
治してほしいと願っています。

リウマチ患者の人は、少々無理がきくと思って働く傾向があるようです。

この方は優しい人で、人への思いやりがあります。

ノラ猫等にもえさを買って与えたりします。

自分自身にも思いやりを持ち、何か健康に良いものを買ってほしいと
思っております。

HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp



  


Posted by ansei at 09:19Comments(0)