2016年09月12日

リウマチ膠原病の理解と当治し方の内容・秘訣を新HPに出しました!

当、安靖のスマホ対応ホームページのトップページを作りました。

今までの旧HPは、リウマチ膠原病に対して何をしているのか、私本人が見ても分かりにくいと自信を持って(?)言えるので、旧HPを見てくださった方はもっと分かりにくかったと思います。
また、そのように分かりにくい病気だとも言えるかもしれません。

お時間があればご覧いただけたら幸いです。

内容は、
①当方の考えるリウマチ膠原病の原因と治す考え方
②リウマチ膠原病の治し方のわかりにくさをどうまとめていくのか
というのを書いています。

例によって長くなりましたが、盛りだくさんの内容です。
トップページ以外の「入浴」・「通販」等は旧HPと変わりありません。

当方のサポートで何を教えているかということが、今まで分かりにくかったと思います。
今回は、質疑応答方式で、
例えば、「薬なしの民間療法・食事療法でリウマチの痛みが楽になる方法」等、教えている内容を書きました。
なお、根本的なリウマチの食事療法ページは後日出します。

今後、対象者を絞り込みます。リウマチを患っている方の置かれている状況があまりよくないと私は思っております。
例えば、「ゼルヤンツ・副作用・調査結果」の3つのキーワードで検索して各サイトをご覧になれば分かります。リウマチ薬に限らず市販薬も、市販後に調査が行われています。厚労省が認証した薬といっても、市販後、「効果がない、想定外の副作用が出てきた」といった話はあなたも聞いたいたことがあると思います。厚労省は、薬の効果や安全性を保証して認証しているわけではないようです。ゼルヤンツは、ネット情報から飲んだ約9割の人に副作用が出るようです。私は、リウマチ薬の副作用で亡くなられた方の話から<リウマチ薬を使わない治し方>の情報発信をするようになったわけです。

リウマチ以外の膠原病やリウマチ以外のアトピー等のアレルギー疾患の方には、その治し方の骨格となる情報を出す予定です。それを骨組みにして、ご自分で肉付けすれば、膠原病やアトピーは改善できるようになると思います。

アレルギー疾患は「アレルギー体質+生活習慣病」であり、多面的要素で発症しており、リウマチ膠原病患者様の効く情報収集と治る生活改善の努力の差によって、改善で終わるか、再発か、完治するかの結果が違ってくると思います。
今後、そのお役に立てれば幸いです。

HPのURL  
https://ryumachi.ansei-support.com/
リウマチ膠原病の理解と当治し方の内容・秘訣を新HPに出しました!



 アトピー・リウマチ情報センター安靖 
  福岡市南区塩原3丁目1-23-105

◆24時間メール受付  メール(終日) 
E-mail  hzw03430@nifty.ne.jp








上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。